ステーキ焼き方メモ

安いステーキの焼き方をいろいろと試してみて一番よかったものをメモ
テレビやら漫画やらで紹介されたものを試してみました。
肩ロースタイプが一番手に入りやすくて安くなるステーキでやりました。

スポンサーリンク

湯せん式が一番良かった

常温に戻したステーキ肉をジップできる袋かアイラップに入れて50℃のお湯で5分間湯せんします。
50℃のお湯は水を沸騰させたあと同量の水を入れると出来上がります。
湯せんのあいだは火は止めておき熱が通り過ぎないようキッチンペーパーを先に沈めておきます。

湯せんが終わったら

焼く前にステーキにオリーブを塗り塩を振ります。オリーブは乾燥を防ぎます。
焼き方は蒸し焼きにならないようくしゃくしゃにしたアルミホイルを被せて
お好みの焼き加減で焼き上げます。

参考サイト

【得する人損する人 ステーキ】失敗しない焼き方やってみた!スーパーの安い肉を湯せん?

何を試した?

【炭酸水にステーキを漬けるタイプ】
牛脂や炭酸水を用意する必要があるのと時間がかかりすぎる。

【冷凍したステーキそのまま焼く】
意外と焼き加減が難しい
【冷凍ステーキ】ステーキは冷凍のままで焼いた方がおいしく焼ける、という噂は本当か

【10秒&10秒&2分焼き】
お肉の厚さによって焼き加減考えないと行けない(これもおいしい)
スーパーで3割引だったお肉をある漫画の焼き方で調理したら絶品ステーキに大変身

手順が少なくて何も考えなくて出来上がって美味しかったものを一番にした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加