冬の朝ごはんは早く作れるうどんが多い

寒い冬の朝一番の活力は温かいおうどんです。
わずか4分で出来上がるので忙しい朝にぴったりです。
材料費も合わせて一杯150円くらいです。

朝活-冬のおうどん

こだわりがないけど試行錯誤していたらたどり着いたレシピ

スポンサーリンク

材料と作成手順

【材料】

冷凍うどん
うどんスープの素
ネギ
天かす
昆布だしの素 少々

【作成手順】

1.冷凍うどんをレンジで温めます。 大体3分30秒
2.同時にお湯を沸かします。水は250cc~300cc 薄味がいいので300ccだけ沸かします。電気ケトルだとレンジアップ前に沸きます
3.うどん用の器にうどんスープと昆布だしの素を少々いれます。
4.ネギ、天かす、とろろ昆布も用意しておきます。
5.先に湯が沸くので器へ注ぎます。レンジアップも遅れて終了します。
6.熱いのでやけどに注意しうどんをスープに沈めたら具材を乗っけて出来上がり。ここまで約4分

うどん出来上がりまで4分くらい

インスタントうどんの「どん兵衛」より早くできます。
どん兵衛は湯を沸かす時間+5分なので7分~8分です。作成時間は約半分ほどです。
忙しい朝にはぴったりのメニューです。

材料について

ネギは刻んだあと冷凍しております。
天かすは総菜コーナーで手に入るほうを使用しています。以前は玉天かすを使っていましたが味がイマイチでした
こちらも冷凍して保存。安いと100円くらいです。
天かすはスープをすってボリュームが出て腹持ちアップします。入れすぎ注意。

忙しい朝なのでうどんスープが飲む前に少しでも冷めればと冷凍ものを使っていますがスープとうどんの熱量を奪いきれません。

ヒガシマルうどんスープの素のみだと食べた後物足りないので「出汁ブースト」をかけます。
昆布だし追加です。これを入れると食べた感が出ます。
昆布だしは液体でも良いですし顆粒タイプでも良いです。液体だとスープが濁ったので顆粒にしました。
私は「味の素のこんぶだしスティック」を利用しています。

顆粒だしを入れる量はこのくらい
朝活-おうどん-昆布だし

とろろ昆布やその他具材はお好みで

うどんは安い・うまい・早い

材料費は約150円ほどです。立ち食い処より安い。天かす追加で腹持ちもGOOD!
食器は器と箸のみですし、さっと洗って朝食終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加