iOS10からPPTPが使えなくなったのでL2TPにした。

iOS10とmacOS SierraよりVPNのPPTPがサポートされなくなり使えなくなりました。
QNAPではPPTPのほかにL2TP/IPsecとOpenVPNが使えますのでMacBookAirとiPhoneのVPN設定を変更したのでメモ

スポンサーリンク

QNAP TS-231+側の設定

QNAP TS-231+での設定のメモになります。
VPNでログインするユーザーはあらかじめ設定してある前提です。VPN専用のユーザーを作ることをオススメしています。

▼▼▼▼▼

初期ではコントロールパネルのVPNサーバーの欄にL2TPの設定がありませんので
APP Centerより「QL2TP-IPsecServer」をインストールします。

QL2TP-IPsecServer_80

次に、コントロールパネルのVPNサーバー設定にチェックを入れ事前共有鍵を設定します。
事前共有鍵はQNAP側とiPhoneまたはMac、その他VPNを設定する機器には突き合わせるため同じものを設定します。

qnap_ts-231+_l2tp

ルーターのポート転送の設定を行います

ルーターにあるポート転送、またはポートマッピング、NAT転送と呼ばれる項目を設定します。

VPNサーバー(QNAP TS-231+)があるローカルアドレス[192.168.0.X]や[192.168.X.X]を入れ

L2TP/IPsecの場合(公式のQNAPのVPN設定ページ)は
ポートを3つ設定します。
UDP 500
UDP 4500

UDP 1701

UDP1701はIPsecを利用しない場合のポートでTS-231+では不要でした。(詳しくはコチラ)
ですのでUDP1701が不要な場合はポート設定はしないでおきましょう。

iPhoneでのVPN設定

MacでのVPN設定は割愛いたします。

iPhoneにて[設定]>[一般]>[VPN]より
VPNの構成を追加をタップします。

タイプ> L2TP
説明> わかりやすい名前をつける
サーバー> 固定IPアドレス 又は QNAPのMyDDNSが使えます(hogehoge.myqnapcloud.com)
アカウント> QNAPで設定したユーザー名
RSA SecurID> オフ
パスワード> QNAPで設定したユーザーパスワード
シークレット> QNAP側で設定した事前共有鍵
すべての信号を送信> オン

設定は以上です。

VPNサーバーと同一のネットワーク内ですと接続確認できませんので
iPhoneのWi-Fiを切ってお試しください。

補足:QNAPのMyDDNSはQNAP製品で利用できるQNAP社が提供する無料のDDNSサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加